わたしは、

大の「麒麟」好きである!

 

 

「麒麟(きりん)」とは、

中国神話に現れる

伝説上の霊獣* のことで、

 

仁獣* と呼ばれ、

思いやりの象徴として

扱われる心優しき獣。

* 霊獣=神々しく尊い獣
* 仁獣=情けある獣

 

 

優しいというのも

もちろんだけど、

 

怒りのコントロールが

上手なところと、

 

命をとても

大切にしているところに、

 

魅力を感じている。

 

 

プライベートブログでも、

幾度となく、

「麒麟」の魅力を語っているほど。

 

まさに目指すべき姿!麒麟(きりん)に夢中

麒麟が好きすぎる

 

 

だから、「麒麟」の

オブジェやグッズがあれば、

即ゲットするくらいの意気込みは

常に持ち合わせているんだけど…

 

まぁ、しかし、

全然可愛らしいのがないの、涙。

 

 

仕方ないのはわかっている。

だって、この見た目だもの。

 

● 形は鹿に似ていて、背丈は5mある

● 顔は龍に似ている

● 牛の尾と馬の蹄を持つ

● 身体には鱗がある

● 背毛は五色に彩られ、毛は黄色い

● 角の中一角は生肉

ちなみに、麒麟の角は「麟角(りんかく)」と言い、
極めて稀なものの例えるときに使う。

 

 

と、またまた前置きが

長くなっちゃったんだけど…

 

 

縁起のよい霊獣たちが、

ポップなアートとなって、

 

銅鑼湾の

「時代広場(Times Square)」

に登場していた!

 

 

 

 

その中に、

大好きな「麒麟」もいたよ♡

 

しかも、割と可愛い…

かな、笑。

 

 

香港のアーティスト・Lam Wing Kit 氏によるデザイン!

 

 

とにかく、

 

元気をもらえる、

おめでたい色使いと、

 

現代版として、

生まれ変わったような霊獣たちに、

 

チャイニーズ・ニュー・イヤーも

幸先のよいスタートがきれそう。

 

 

こちらのブースの中は、

オレンジの花が、

天井いっぱいに飾られていて、

とっても華やかでした。

 

 

 

 

ロサンゼルスを拠点とする、

デザイン集団「Dog and Pony」が、

 

「黄金年華(The Golden Year)」

 

として、

お届けしているものだそう。

 

 

「黄金年華装置

(A Golden Year Installation)」

なるものがあって、

 

用意されている階段を上ると、

頭がすっぽりと隠れるような

空間が広がっているのだけど…

 

覗いてみたものの、

結局、何なのかよくわからず、

「ふーーーん」くらいで

帰ってきてしまったのだが…

 

 

まさかの!!!

自撮り空間だったのね!!!

 

 

 

こんなふうに、

お花に囲まれているように

撮ることができるみたい。

 

自分を撮るという意識が、

すっぽり抜けてしまっていて、

気づかなかったYOーーー、汗。

 

 

内も外も、

色が迫ってくるような感覚。

 

元気に、華やかな気持ちで、

旧暦の新年を迎えたい方はぜひ!

 

2月24日(日)までです!

 

 

 

「新年與瑞獣同遊(Lunar Fantasy with Ancient Auspicious Animals)」

2019年1月17日(木)〜2019 年2月24日(日)

時代広場(Times Square)
住所:1 Matheson St., CWB
電話:(852)2118-8900
ウェブ:https://www.timessquare.com.hk/
地図:https://goo.gl/Bbkn9T
最寄駅:銅鑼湾駅A出口

* 「地図」には、Googleマップのリンクを貼っております。
気に入ったもの、気になるものがございましたら、
ぜひ場所を保存などして、観光ルートを考える際にお役立てください。
* 投稿時の情報のため、変更になっている場合もございます。