香港に訪れたなら、

一度は味わいたい、

ワゴン式飲茶(の雰囲気)。

 

 

食事を楽しむというより、

その雰囲気を楽しむ!

と言う方が、

合っているんじゃないかと

思ってしまうくらい、

 

香港ローカルの活気を

肌で感じることができる。

 

 

そんなワゴン式飲茶の

代表格のようなお店、

 

「蓮香楼

(Lin Heung Tea House)」

 

が、2月末で結業* というから、

* 「結業」=閉店すること。

 

「一度も行ったことがない」

という友人と

一緒に行ってまいりました。

 

 

 

 

ってな、その日の夜に、

 

2月末でクローズ、

 

3月1日から名前を変えて

リニューアルオープン!

ニュース

発見してしまうんだが、笑。

 

 

確かに、

これだけ繁盛していて、

クローズするわけないか!

 

見よっ!

 

 

 

 

ボーーーッとしてたら、

 

椅子にも座れないし、

食事にもありつけない、

 

まさに、

弱肉強食の世界です、笑。

 

 

店員さんは優しいけれど、

案内やケアは

一切してくれないので、

 

目星をつけた席に貼りつき、

そこが空くのを待ち、

 

前の方が席を立ったら、

すかさず滑り込む、笑。

 

 

店員さんに、

新規の客だよ!という

アピールも欠かさずに。

 

アピールすると、

新しい食器類と、お茶、

點心* 用の用紙をくれます。

* 「點心(ディムサム)」=点心のこと。

 

 

お茶で食器類を洗い、

準備を整えて、

點心がやってくるのを待ちます。

 

 

 

 

ワゴンがやってきたら、

紙を持って、席を立ち、

自ら蒸籠の中身をチェック。

 

食べたいものだったら、

ワゴンのおばちゃまに伝えて、

紙にスタンプを押してもらいます。

 

 

 

 

そうして、

ようやく點心をゲット!

 

 

 

 

他の人たちがいなければ、

簡単な作業と思われるが、

 

あの人だかりを

掻き分けてゆくのだから、

 

結構なパワーを使う、笑。

 

 

 

 

こんな戦争のような

店内ではあるけれど、

 

皆さんの優しさを

大いに感じることのできる

空間だったりもする。

 

 

店員さんは、

日本人とわかると、

一生懸命

日本語で話しかけてくれるし、

「お嬢さん」って言われたYO!笑。

 

相席になった、

おじちゃまやおばちゃまも、

たぶん毎日通っているんじゃないかと思われる!

 

お茶を入れてくれたり、

荷物の心配してくれたりと、

めちゃくちゃ面倒を見てくれる。

 

 

おじちゃまの手。

 

 

點心以外のご飯や麺系は、

メニューを見て、

店員さんに口頭で頼むんだけど、

 

隣のおじちゃまに、

 

「我哋想食呢個」

「わたしたちはこれが食べたい」の意。

 

と伝えたら、

代わりにオーダーしてくれた。

 

 

本当に優しい♡

 

 

「干炒牛河」、安定の美味しさ!

 

 

一食するのに、

相当なエネルギーを使う。

 

店内が見事にうるさいので、

大声で話さないと聞こえない。

 

もちろん荷物を

置いておく場所なんてないし、

綺麗な服で行った日には、

タレでも飛ばされて泣きを見る。

 

そんなお店だ。

 

 

でも、

この他人との距離の近さや、

渦巻く熱気や活気、

ぶっきら棒な優しさなんかに触れると、

 

わたしは、

やっぱり香港が好きだな〜♡

 

と感じる。

 

 

さすがに毎日行きたいとは

思わないけれど、笑、

 

一度はぜひ味わって欲しい、

この活気!!!

 

 

3月1日からは、

 

「蓮香茶室」

 

に名前を変えて、

リニューアルオープン。

 

 

こういうお店が

どんどん姿を消していっている昨今。

 

まだまだこれからも、

この雰囲気を

味わうことができると思うと、

嬉しくってたまらない。

 

毎日は行かないけれどね、笑。

 

 

 

 

 

蓮香楼(Lin Heung Tea House)

住所:160-164 Wellington St., Central
電話:(852)2544-4556
ウェブ:なし
地図:https://goo.gl/maps/wn4grcUSvpE2
最寄駅:上環駅E1出口、中環駅C出口、または、香港駅C出口


* 「Open Rice」という、飲食店の情報を集めたウェブサイトです。
こちらから予約ができる場合もありますので、ぜひ覗いてみてください。

* 「地図」には、Googleマップのリンクを貼っております。
気に入ったもの、気になるものがございましたら、
ぜひ場所を保存などして、観光ルートを考える際にお役立てください。
* 投稿時の情報のため、変更になっている場合もございます。