最近、仕事で、

VRやらAIやらのお話を

伺う機会が多いからか…

 

もうその目線で

世の中の動きを見ちゃうー。

VRは「バーチャル・リアリティ」、AIは「人工知能」ね!

 

 

バーも、AIだけで

回していくことを見越した

流れになってきてるんじゃ!?

 

 

それを感じたのは、

中環(Central)にある、

ドラフトカクテルバー

 

「Draft Land」

 

へ行ったとき。

 

 

 

 

と、その前に、

「ドラフトカクテル」って何ぞや!?

ってところですが…

 

ここでは、ドラフトビール、

つまり、生ビールと同じように、

サーバーから注がれる

カクテルのことを言います。

ここ重要です!

 

 

ビールは、製造過程(酵母除去)で

加熱処理したかどうかによって、

生か、生じゃないかが決まるのですが、

 

カクテルの場合、

これには該当しない気がするので、

 

サーバーから注ぐタイプを総称して、

「ドラフトカクテル」と

呼んでいるような気がします。

 

 

ちなみに、

頭の中でごっちゃになったのが、

「クラフト」。

 

ほら、少し前から、やたらと、

クラフトビールって耳にしませんか?

 

クラフトとは、手作りのことで、

大手ビールメーカーのビールではなく、

工房などで作ったビールのことを指すそう。

 

クラフトカクテルが存在するか

どうかはよくわかりませんが、

とにかく混乱したというお話です、笑。

 

 

「Draft Land」で

提供されているのは、

「ドラフトカクテル」ですので!!!

店名のまんまなので、お間違いなく〜。

 

 

 

 

でで、話を戻すのですが…

 

 

すでにご説明したとおり、

サーバーからグラスに注ぐスタイルのため、

 

バーといえば!な、

ずらりと並べられたお酒のボトルたちや、

シェイカーを振る

バーテンダーさんの姿は見られません。

 

 

見られるのは、

一列に並んだサーバーと、

そのサーバーを操る、

白衣を着たスタッフさんたち。

 

 

彼らは、バーテンダーではなく、「ドラフトデンター」というらしい。
この日は大雨で、お客様が少なめでした。
故に、暇そうなドラフトデンターさんたち、笑。

 

 

このお店のために、

40種類以上のカクテルが考案され、

常時、24種類の中から

選べるようになっています。

 

 

非常にシンプル!!!

 

 

気になるものがあったら、

カウンターでカクテルの番号を伝えて、

テイスティングさせてもらうことも可能。

 

 

とにかく、早い!安い!美味い!

 

 

サーバーから注ぐだけなので、

出来上がるのが早い。

 

人件費や材料費などのコストを

抑えられる仕組みになっているためか、

一般的なバーに比べて安い。

 

 

1杯100HKD前後(このエリアの相場は、1杯150HKD以上)。
ハッピーアワーでは、一部のカクテルが70HKDで楽しめる。

 

 

しかもだ、美味しい♡

 

 

それもそのはず、

 

Asia’s 50 Best Bars 常連の「Quinary」や、

「The Envoy」「Origin」「Room 309」など、

 

香港のバーシーンを牽引する、

Antonio Lai氏が、

共同創業者として関わっている。

同店は、2018年1月に台北でオープンし、同年末に香港に進出。
創業者は、Angus Zou氏。

 

 

わたしが戴いたのは、

13番の「DL Fizz」と

10番の「Oolong Tea Collins」。

 

 

「DL Fizz(100HKD)」
ワインベースにフルーツのきいた、
甘くて、飲みやすいカクテル。

 

「Oolong Tea Collins(100HKD)」
烏龍茶のいい香りが鼻に抜ける、上品な味わい。

 

 

実を言うと、

サーバーから出てくるってことで、

期待値は高くなかったのですが…

 

もう本当、

猛省レベルで美味しかったです♡

 

 

特に、「Oolong Tea Collins」は

お気に入りになりました〜。

ちなみに、番号が大きい方が、アルコール度数も高い。

 

 

ってことで、やっとこ、

AIの話に戻るのですが…

 

 

正直なところ、

ドラフトデンターさんは、

 

膨大なカクテルのレシピを

頭に入れておく必要もなければ、

 

シェイカーを振る必要もありません。

 

 

注文されたカクテルの

サーバーのレバーを引いて、

グラスに注げればOKなのです。

 

 

これ、いち早く、

AI化できるのでは!?

 

もはや、それを見越して、

このスタイルにしたよね!?

 

 

 

 

確かに、まだまだ、

フレッシュフルーツを使った

カクテルなんかは難しいだろうし、

 

人を介して、

おすすめやアドバイスを聞けたら

嬉しい部分もあるけれど、

 

近い将来、

お酒はAIによって提供され、

VRで、遠く離れた友達と

一緒に飲むなんてことが起こり得るね。

 

 

この日は、仕事帰りに

1人でふらっと立ち寄ったので、

話し相手は、

お隣の席のおじさまたちと、

フレンドリーなスタッフさんでした。

 

 

「あれ?ボーイフレンドは?」と、

訪ねてきたおじさまたちに、

 

「彼氏はこれよね!」と、

すかさず、カメラを指差して、

わたしの代わりに答えてくれた、

そのスタッフさん、笑。

 

 

温かいコミュニケーションと、

未来を感じるバー。

 

 

バーへのハードルを、

かなーーーり下げてくれた

存在でもあると思うので、

 

1人でも、気心知れた人とでも、

ぜひ気軽に足を運びたいお店です。

 

 

 

もしお役に立てたら、
ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

Draft Land

住所:G/F., 63 Wyndham St., Central
電話:(852)2711-8809
ウェブ:なし
地図:https://goo.gl/maps/GsXPVkttQoMhxU569
最寄駅:中環駅、香港駅


* 「Open Rice」という、飲食店の情報を集めたウェブサイトです。
こちらから予約ができる場合もありますので、ぜひ覗いてみてください。

* 「地図」には、Googleマップのリンクを貼っております。
気に入ったもの、気になるものがございましたら、
ぜひ場所を保存などして、観光ルートを考える際にお役立てください。
* 投稿時の情報のため、変更になっている場合もございます。