Samsen(泰館)」でのディナーの後、

 

友人に、中環(Central)の

ナイトシーンの撮影に付き合ってもらい、

 

その流れで、

バーのはしごってやつをしてみました〜。

 

 

いやはや、コロナって何ですか?!状態。

 

 

2軒行ったうちの1軒目は、

 

「Asia’s 50 Best Bars」の常連、

荷李活道(Hollywood Rd.)にある、

 

 

「Quinary」!!!

 

 

 

 

以前に一度、訪れたことがあって、

そのときに飲んだカクテルを、

ずっと忘れられずにいたのです。

 

 

そのカクテルとは、

 

「Lavender Meringue Pie」

 

という名の同店シグネチャー。

 

 

「Lavender Meringue Pie」(140HKD / 写真手前)

 

 

ラベンダーの香りのするジンや、

レモンリキュールの上に、

 

表面に焦げ目をつけた、

もこもことした泡状の

マシュマロがのせてあるカクテル♡

 

 

いい笑顔♡

 

 

マシュマロのきめ細かい滑らかな食感と、

その甘い甘いマシュマロを抜けて流れ込む、

爽やかな香りのアルコールたちがたまらんのです〜。

 

甘ったるいだけのカクテルではなく、

その絶妙なバランスにグッときた!!!

 

 

さすがミクソロジスト代表の

Antonio Lai氏が考案したカクテルだけある〜。

 

 

いや、「ミクソロジスト」って何やねん?

ってかんじなんだけどね、笑。

 

そもそも、「Quinary」は、

「ミクソロジーカクテル」で有名なんです。

 

 

「ミクソロジー(Mixology)」とは、

「Mix(混ぜる)」と「logy(論)」を合わせた造語で、

 

1990年代にロンドンで発祥し、

カクテル最先端のニューヨークに波及、

その後に、アジアに上陸したといわれる、

 

クラシックカクテルとは異なる、

まだ見ぬ組み合わせを追求していく理論のこと。

 

 

そうやって、斬新なレシピを生み出す人たちのことを、

「ミクソロジスト」って呼ぶんだけど…

 

「Quinary」を立ち上げたAntonioさんは、

その代表のような方なんですね。

 

 

わたしね、実は…

 

このミクソロジーって

考え方が流行っちゃったからか、

 

とにかく何でも混ぜればいい!みたいな、

奇をてらい過ぎる方向に進んでいる、

香港のカクテル業界があまり好きではなくて、涙。

 

 

本当不調和なカクテルの多いこと多いこと。

 

 

でもでも…

 

全てのカクテルを試したわけではないから、

何とも言えないけれど、

Antonioさんのカクテルには引き算を感じて、

割とすんなり入ってくるから好き♡

 

 

同じく中環にある、「Draft Land」も、

Antonio氏が監修しているバーだよ!!!

 

【グルメ】【バー】これが最先端ってやつか!?バーテンダーのいないバー!?それでも美味しい「Draft Land」【中環】

 

 

めたんこ有名店で、

常に満席のイメージの「Quinary」も、

 

コロナの影響なのか何なのか、

21:30頃にはすんなり入れてもらえました。

 

 

って言っても、盛り上がってるけど!

 

 

おうちから一歩も出ませーーーん!な、

引きこもりデーも大好きだけど、

 

そればっかりじゃ鬱々としちゃうから、

 

こうしてパーーーッと飲みに行ってくれる

友人がいることが有難いです♡

 

 

みんな、免疫力高そう、笑。

 

 

 

もしお役に立てたら、
ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

Quinary

住所:G/F., 56-58 Hollywood Rd., Central
電話:(852)2851-3223
ウェブ:https://www.quinary.hk/
地図:https://goo.gl/maps/V9ax6oJVUxXTo6bg9
最寄駅:MTR中環駅、香港駅


* 「Open Rice」という、飲食店の情報を集めたウェブサイトです。
こちらから予約ができる場合もありますので、ぜひ覗いてみてください。

* 「地図」には、Googleマップのリンクを貼っております。
気に入ったもの、気になるものがございましたら、
ぜひ場所を保存などして、観光ルートを考える際にお役立てください。
* 投稿時の情報のため、変更になっている場合もございます。