タイトルなっ!笑。

 

怪しいお経みたいになっちゃってますけど、

我が家では、もう、これなくして

風邪予防なんて語れないくらい、

お世話になっている一品ですーーー。

 

 

「京都念慈菴 蜜煉川貝枇杷膏」

 

 

よっ、読めない…

「京都」も、きっとあの京都(きょうと)ではない…

 

 

 

 

とにかく喉の痛みや咳によいとされる漢方が、

ぎゅぎゅっと詰まっている。

 

漢方と言っても、全く苦味はなく、むしろ、

どろ〜〜〜っとした、甘〜〜〜いシロップです。

 

 

 

 

ちょっと喉の調子がいまいちだな、

何だか風邪をひきそうだな、

 

そーーーんなときに、

スプーン1杯をぺろっと舐めておくと、

悪化せずに済むことが多いのです!!!

 

 

わたしは、普通に飲み込んで、

その後、お茶で流し込んじゃうのだけど、

 

今回、このブログを書くにあたり、調べてみたら、

 

ただ飲み込むのではなく、喉に絡めつけるように、

ゆっくりと飲み込むのがいいらしい。

 

 

お茶で流すとか以ての外かも、汗。

 

 

でも、こんな飲み方をしているのに、

しっかり効いてくれるってことは、

ちゃんと飲んだら、もっとすごいのかもーーー♡

 

 

わたしは、風邪薬や痛み止めを飲むと、

たまに、手が震えてしまうことがあるので、

できる限り、風邪をひいてしまったときも、

こういった漢方などで緩やかに治していきたいと思っています。

 

せっかく漢方大国・香港で暮らしているので、

こういったものを生活に取り入れてみるのもいいですね〜。

 

 

 

 

屈臣氏(ワトソンズ)」や

Mannings(マニングス)」といった、

大型ドラッグストアはもちろん、

 

「Wellcome(ウェルカム)」などの

スーパーマーケットでも手に入ります。

 

 

これがまた嬉しいポイントなのだけど、

とにかく安いんだ!!!

 

 

大瓶(300ml)で45HKD、

中瓶(150ml)で30HKDくらい。

 

 

日本のドラッグストアでは売っていないし、

 

Amazonでも買えるんだけど、

香港の何倍しますか?!ってお値段なので、

 

お土産にももってこいだと思います♡

 

 

45HKD(約650円)が、まさかの2,000円超えしてる、爆。

 

 

今日から10月!!!

 

香港は、まだまだ暑さも湿度も健在ですが、

日本は、冬に向かって、寒さと乾燥が

気になる時期に突入してゆきますね。

 

喉の弱い方〜、乾燥がつらい方〜、

ぜひお土産にしますので、遠慮なくお申し付けを、笑。

 

 

香港式、喉の痛みの治し方

☝︎ 別ブログでも、ご紹介したことがあります。

 

 

 

もしお役に立てたら、
ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村