* 9/28(金)発行号のぽけっとページウィークリー(PPW)に掲載の
コラム「フォトジェニック香港」より抜粋。
PPWのサイトでも同じ内容をご覧いただけます。
http://www.pocketpageweekly.com/life/80966/

 

 

一大イベントの中秋節も終わり、

年末へのカウントダウンが始まろうとしています。

年内のイベントも残すところ、

本日の重陽節、12月のクリスマスくらいでしょうか。

 

 

重陽節は旧暦の9月9日。

 

 

陽数(=奇数)が重なるため、

この名前がつけられたよう。

 

旧暦3月の清明節と同様、

家族でお墓参りに行くのが慣習で、

日本のお彼岸に似ています。

 

また、この日は高台に上ると幸運が訪れると信じられており、

皆さんこぞって高い場所へハイキングに行きます。

 

 

そこで、代表的なハイキングコースをご紹介!

 

 

日本でハイキングに行こうとすると一日がかりですが、

香港ではハイキングコースも身近で、

日常の延長線上に存在しているような気がします。

 

晴れの日が多く、霞も少ない10月は、

ハイキングにもってこいの季節。

ぜひ重陽節にあやかってお出掛けしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

① 獅子山(ライオンロック)

 

名前の由来は、岩の形がライオンの頭のように見えるから。

気軽な気持ちで挑んでしまったけれど、上級者向けではなかろうか。

柵もロープも皆無で、命の危険さえ感じる、汗。

 

ただ、見える景色は感動の一言!山下に望む高層ビル群は、

自然と街の距離が近い香港の魅力そのもの。

この近未来的なおもしろい光景に、

がんばって登った甲斐もあったと思える。

 

最寄の黄大仙駅からスタートすることもできるが、

ハイキングコースの入口を拝む前にヒットポイント* が

ゼロになる予感しかしないので、入口まではタクシー利用がおすすめ。

ちなみに、わたちしたちは、沙田坳道(Shatin Pass Rd.)にある

「獅子山郊野公園」というゲートからスタートしました。

* ヒットポイント=
ゲーム内においてキャラクターの体力、または、それに相当するパラメータを表す値の名称

 

ここがてっぺん! 岩をよじ登りました、汗

 

 

続きは別記事にて。