香港の校舎は本当にカラフルで、

元気をもらえる!

 

校舎と言えば、

ホワイト・グレー・ベージュあたりが

基本だと思っていたわたしにとって、

これはかなり衝撃的なことでした!

 

それからというもの、

校舎を見るのが楽しくて仕方なく、

わざわざ調べて足を運ぶことも。

 

 

今回は、わたしが一番初めに出合い、

ハマるきっかけをくれた、

有難き存在の学校をご紹介します。

 

 

 

ど、どうですか!?この配色。

 

旺角(モンコック)にある、

九龍最大の露店街「女人街」を歩いていると、

チラチラと視界に入ってくるこの建物。

* 女人街は通称。正式名称は「通菜街」。

 

思わず近寄ってみると、

まさかの学校に驚愕…

 

こちらは、「優才書院」という小学校で、

洗衣街31号にあります。

 

 

 

引っ越しきた当初から香港大好きだったけれど、

この学校に出合った瞬間、

更に、香港に魅了されることとなるのでした。

 

日本だったら、周りの景観を気にしてとか、

学校はこうあるべきみたいな観念がはたらいて、

なかなかこんな挑戦的な?カラーの建物って

建てないと思うんですよね。

 

しかも、まさかの校舎だし。

 

自由、自由だと思っていたけれど、

ここまでとは怖るべし、香港。

 

 

女人街への観光ついでに、

ぜひこちらの学校も覗いてみてくださいませ♡

 

 

 

優才書院(G.t. (Ellen Yeung) College (Junior Primary Section)

住所:31 Sai Yee St., Mong Kok

地図:https://goo.gl/apBNdi

* Googleマップのリンクを貼っています。
気に入ったもの、気になるものがあれば、
ぜひ場所を保存して、
観光ルートを考える際にお役立てくださいませ。