以前にご紹介した

教会へ訪れた帰り道、

 

沙田にある

香港文化博物館」で開催している、

 

港彩流金(Golden Splendours)

という、

20世紀における、

香港陶磁器の展示会に

行ってきました。

 

【建物】【教会】香港だからこそ見られる、ギャップまみれの可愛い教会!私的ナンバー1「道風山基督教叢林」【沙田】

 

 

こちらの教会は、

「広彩」のゆかりの地のよう。

 

昔、教会の敷地内に、

「広彩」の工房があって、

今でも、その面影が所々で見受けられる。

 

 

「広彩」と「港彩」、

違いは何なのか?

 

 

正直、

正確な情報かはわかりませんが、

広東語やら英語やらの記事を

がんばって読んで

解釈したところによると、

 

中国大陸から入ってきた、

陶磁器への絵付技術「広彩」が、

香港スタイルになって、

「港彩」なのかと。

 

香港スタイルとは、

東洋と西洋の融合ってことかな。

参考:『香港01
全然違ったらごめんね〜。

 

 

 

 

とにかく、本当に綺麗で、

全て手で絵付をしていると思うと、

感動しかないし、

人間の能力への無限の可能性さえ感じる。

 

 

もちろん、機械に、その役割を

取って代わられていくような時代、

生産性の観点から見ると、

無理矢理残せ〜!とも思いませんが、

 

やっぱりこの手描きの味や、技術が、

時代の流れに沿うかたちで

残っていけばいいな、と思う。

 

 

 

 

パンフレットも

かなーーーりしっかりしていて、

香港の豊かさを感じちゃうね。

 

 

 

 

最近、「G.O.D.」で港彩柄の

紙コップや紙皿が売られていたり、

 

上環にあるカフェ

半路咖啡(Halfway Coffee)」が、

そのカップで

コーヒーを提供していたり…

 

リバイバルと言うのかな?、

新たなかたちで、

香港レトロに注目が集まっています。

 

 

歴史?文化?が、

こうしてリバイバルしていくこと。

 

個人的には、

とても理想的と感じました。

 

 

「道風山基督教叢林」からの、

こちらの展示会、

最高の遠足コースでした♡

 

 

博物館の入口にブルース・リーがいる。
彼に関する常設展もあり!

 

 

 

「港彩流金(Golden Splendours)」

2018年12月19日(水)〜2019 年3月18日(月)
火曜休館(ただし、祝日の場合を除く)

香港文化博物館(Hong Kong Heritage Museum)
住所:1/F., Thematic Galleries 3 & 4, 1 Man Lam Rd., Sha Tin
電話:(852)2180-8188
地図:https://goo.gl/VFfdpn