これまた

ロケハンの流れで知った、

上環にある、

「科記咖啡餐廳(For Kee Restaurant)」。

 

 

わたしが行ったのは、
平日の11:30頃なので、
すんなり入れてもらえました!

 

 

その存在を知らなかったので、

トンだ行列に

びっくりしたものです。

 

ずっと気になっていて、

後日、お邪魔してみることに。

 

場所は、以前ご紹介した、

「百姓廟」の目の前。

 

【建物】【寺院】その存在感に思わず参拝したくなる!普通の道にいきなり佇む「百姓廟」【上環】

 

 

このあたりのエリアは、

おしゃれで、隠れ家チックで、

気がよくって、かなり好きだ♡

 

程よいローカル感もまたいい♡

 

 

そんなローカル代表のような存在が、

「科記咖啡餐廳」です。

 

 

 

 

初めてだったので、

看板メニューと思われる、

「豬扒飯餐」をオーダー!

「豬」=豚、「扒」=ステーキ、
「飯」=ライス、「餐」=セット、
つまり、「ポークチョップライスセット」のこと。

 

ドリンクも付いて、

54HKDは嬉しい。

 

 

 

 

普段、わたしたちは、

食べる前に、ある程度味の予測を

していると思うのですが…

 

 

このお皿の周りに飛び散ったタレのかんじもいい!
敢えて拭かないもんねー。

 

 

こちらの「豬扒飯」、

その予測を遥かに超えてきた!!!

 

おっ、美味しい!!!

 

 

味がしっかり染み込んでいる、

柔らかいお肉、

 

そして、

甘辛い蜂蜜のような

照りのあるタレ、

 

ものすごーーーく白飯と合う。

 

 

実は、骨付きのお肉って、

あまり得意じゃないんです。

 

 

何て言えばいいんでしょう?

 

付いてるなら付いてるで、

骨まで食べてしまいたいし、

食べないけど。

 

食べないこと前提なら、

初めから骨なしで提供して欲しい。

 

 

って、

単なるワガママなんですが、笑。

 

 

こちらのポークチョップは、

身がとっても柔らかくて、

するんと骨から外れるかんじが、

個人的にグーーー!です。

 

絶対また行っちゃう。

 

 

引っきりなしに、

お客さんが入ってくるので、

相席を避けるのは難しそう。

 

今回は、香港人のおばちゃまと、

若者と一緒の席になりました。

 

 

おばちゃまが、

わたしのスマホを指差して、

必死に話しかけてくれるので、

 

「ケースが可愛い」とでも

言ってくれてるのかと思ったら、

 

「電話が鳴ってるよ」

ってことだった、汗。

 

 

これが重要な電話だったので、

この日ほど相席万歳!

って思ったことはない、笑。

おばちゃん、ありがとう。

 

 

 

 

そんなこんなで、

リピート決定のお店です。

 

ちょっと今回のセットだけだと、

野菜不足感否めないので、

次は、野菜が一緒にのっている

メニューにもトライしてみたい。

 

 

 

科記咖啡餐廳(For Kee Restaurant)

住所: Shop J-K, 200 Hollywood Rd., Sheung Wan
電話:(852)2546-8947
ウェブ:なし
地図:https://goo.gl/maps/1RYfyUfzXqR2
最寄駅:上環駅A2出口


* 「Open Rice」という、飲食店の情報を集めたウェブサイトです。
こちらから予約ができる場合もありますので、ぜひ覗いてみてください。

* 「地図」には、Googleマップのリンクを貼っております。
気に入ったもの、気になるものがございましたら、
ぜひ場所を保存などして、観光ルートを考える際にお役立てください。
* 投稿時の情報のため、変更になっている場合もございます。