今日は、バレンタインデーですね♡

 

コロナウイルスの影響もあって、

やっぱり街は少し元気がない様子。

 

 

例年なら、真っ昼間から、

 

でっかい花束を持ったカップルが

あちこちでいちゃいちゃしていた香港も、

 

今年は、ちらほら見かけるくらい…

 

【雑感】【バレンタイン】男性にとってのがんばりどころ!?香港のバレンタインはこう違う

☝︎ 香港では、男性から女性に花束を送るのが一般的。

 

 

塞ぎ込んでいては、治るものも治らないし、

罹らなくていいものにも罹ってしまう!

 

そんなふうに思うので、

バレンタインにかこつけて、笑、

シースーランチに出掛けてきました!

 

 

中環(Central)は、

雪廠街(Ice House St.)にある、

 

「鮨 佐瀬 はなれ

(Sushi Sase Hanare)」

 

にお邪魔しましたよ♡

 

 

 

 

尖沙咀(Tsim Sha Tsui)にある、

ジャパニーズバー「Butler」の内田さんに

おすすめしてもらったお鮨屋さん。

 

 

このブログにはまだ登場していないのですが、

 

「レトロスタバ」と呼ばれる、

香港レトロな内装と、特別メニューの提供がある、

スターバックスのコンセプトストア(有名)、

 

そのすぐ上にあるので、わかりやすいかと。

 

 

 

 

ただ、「鮨 佐瀬」と「鮨 佐瀬 はなれ」があって、

同じビルの同じフロアに入っているので、

お間違いないように!

 

というのも、間違えたの、わたし。

でも、何せお隣なので、軌道修正も簡単、笑。

 

 

ビルの入口正面にあるのは、「はなれ」じゃない方。

 

 

大将の佐瀬さんは、

どちらにいらっしゃるのかというと、

 

「鮨 佐瀬 はなれ」

 

の方にいらっしゃいます〜。

 

 

バレンタインデー、かつ、

ちょっとしたお祝いごともあって、

 

佐瀬さんににぎっていただきたかったので、

リクエストをすると、

 

「はなれ」を案内されました。

 

 

なかなか電話が繋がらず、

Facebook経由で予約のメッセージを送信。

 

すぐに電話をくださって、

無事予約をとることができ、今日に至りました〜。

 

 

13:00に到着すると、定員8名のカウンター席は、

(わたしたちも含め)全て満席!!!

 

わたしたち以外、皆さん、香港人の方々でした。

 

 

個人的に、カウンター席で、

あまりパシャパシャ写真を撮るのは、

あまりスマートではないと思っているため、

 

写欲をグググッと抑えて、

主要なものだけ撮らせていただくことに。

 

 

ちなみに、佐瀬さんは、

「全く気にしませんよ〜」と、

懐深いお言葉を返してくださいました。

 

 

「久保田 萬寿」で乾杯♡

 

うーーーん、甘い香りで、

もうそれだけでお腹いっぱい、笑。

 

 

ランチは、「鮨セット」と「おまかせ」の

2コースから選ぶことができます。

 

 

どちらのコースも、

旬の海の幸を使ったお鮨がメインですが、

 

「鮨セット」は寿司14貫、

「おまかせ」は寿司8貫+小皿料理で、

 

両方ともに、茶碗蒸しとお味噌汁が付きます。

 

 

今回は、「おまかせ」をーーー♡

 

 

バカの一つ覚えみたいで

いやになっちゃうんだけど、

 

美味しいものには、

美味しいとしか言えない!!!

 

 

一品一品、とにかくどれも美味しかった!!!

 

 

(カメラには収めていないのだけど、)

特に感動的だったのは、

 

味噌を使って味付けしたという、

自家製のからすみと、

 

出汁で炊いたという、あん肝。

 

 

からすみは、自家製だから実現できる、

刺激のない塩加減と、お味噌の風味で、

濃厚に仕上がっていて美味しかった♡

 

 

あん肝も、くせがなく、

ねっとり滑らかな食感がたまらない♡

 

散らした柚子の皮との相性も抜群でした!

 

 

お鮨ももちろん美味しかったのだけど、

小皿料理が感動的だったな〜。

 

 

お品書きはなく、

ちゃんとメモもしていなかったので、

正確な数字は忘れてしまったのだけど、

 

贅沢食材たっぷりの小皿料理が

6〜7つほどだったかと思います。

 

 

「蒸し鮑」

鮑の後は、残った肝のソースとともにシャリを!

 

 

それぞれの肝を使ったソースで

味付けされているものが多く、

 

素材の隅々までちゃーーーんと

活かしていらっしゃることが感じられて、

 

何だか戴くこちらが嬉しくなった。

魚の気持ちになったのか…?

 

 

佐瀬さん
札幌の「すし善」出身とのこと!

 

 

お鮨がスタートしてしばらくした頃には、

周りの皆さんも帰られていて、

 

最低限のBGMと、少しの会話に、

 

お鮨をにぎるリズムが心地よかった。

 

 

 

 

料理って、本当リズムだな〜。

 

 

目の前で火を使うわけではないし、

 

気をてらったものでない限り、

食材もシンプル、構図もシンプルなお鮨だけど、

 

その削ぎ落とされたシンプルさゆえに、

芸術的というか何というか…

 

 

余計なものはいりませんっていう、潔い姿勢。

 

 

「穴子」と「玉子」

 

 

そうそう、シャリの大きさは、

好みに合わせてくださいます!

 

わたしは、ノーマルサイズでお願いしました。

 

 

何せ結構食べるもので、足りないかも!?

なーーーんて心配になったけれど、

 

そんなことはなく、

逆に、苦しくなることもなく、

 

ちょうどよい頃合いで〆られました。

 

 

 

 

デザートは、「抹茶のパンナコッタ」と

「抹茶アイスのもなか」の二択です。

 

わたしは、後者を!

 

これねこれね、中に、抹茶アイスだけでなく、

おもちに、小豆に、苺と、盛りだくさんで、

めーちゃーくーちゃーーー美味しいの!

 

 

し・あ・わ・せ・す・ぎ・た♡

 

 

食後におしゃべりタイム〜。

 

 

コースが一体おいくらなのか、

詳細は確認せず終いなのですが、

 

「久保田 萬寿」(300ml)1本を含めて、

 

お一人様2,000HKDちょっとでした。

 

 

また来年のバレンタインデーも、

こんなふうに温かな気持ちで迎えられるように、

 

どんな状況でも、その中で喜びを見出しながら、

 

日々、一瞬一瞬を味わい尽くして生きてゆきたい。

 

 

Happy Valentine’s Day♡

情人節快樂♡

 

皆さんにとっても、

温かな一日となりますように。

 

 

 

<追記> 2020-02-16

 

そういえば、書くのをすっかり忘れていたけれど、

 

この日のお隣さんが、わたしの大大大好きな

(でも、お高くてなかなか飲めない)シャンパン、

 

Louis Roedererの「CRISTAL」を召し上がっていた!!!

 

 

メニューにあるのかな、と思ったけれども、ない。

持ち込まれたようです〜。

 

 

ということで、佐瀬さんに、

持ち込み料を確認したところ、1本300HKDとのこと。

 

しかも、持ち込んだものと同じ大きさの

お酒をオーダーすると、持ち込み料は免除してくれるみたい。

 

 

何とも良心的だったので、追記しておきます♡

 

 

 

もしお役に立てたら、
ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

鮨 佐瀬 はなれ(Sushi Sase Hanare)

住所:Shop G2, G/F., Baskerville House, 22 Ice House St., Central
電話:(852)2861-0018
ウェブ:http://www.sushisase.com.hk
地図:https://goo.gl/maps/sa8ZUJhK9LUxZnAp9
最寄駅:MTR中環駅


* 「Open Rice」という、飲食店の情報を集めたウェブサイトです。
こちらから予約ができる場合もありますので、ぜひ覗いてみてください。

* 「地図」には、Googleマップのリンクを貼っております。
気に入ったもの、気になるものがございましたら、
ぜひ場所を保存などして、観光ルートを考える際にお役立てください。
* 投稿時の情報のため、変更になっている場合もございます。