香港は元々、新陳代謝の激しい場所で、

新しいものができては消え、

できては消えを繰り返す傾向にはあった。

 

それが、この街のパワーでもあった。

 

 

ただ、デモの影響もあるのだろうか。

 

 

2019年は、多くの人たちから

愛されてきた老舗もどんどんと姿を消し、

後継者問題なんかもあると思う。

 

勢いのある新しいお店はあまり登場せず、

 

この街自体が、ちょっぴり

パワーを失いかけている気がするのです。

 

【閉店】【お土産】思いがけず、お洒落な味がする!「樸記」の棗はマストバイ!【上環】

【閉店】【グルメ】【スイーツ】女に生まれてこられてよかった♡ラブリー・ガーリー・ヤミーな「Tea Saloon By Anotherfineday」【中環】

【閉店】【お土産】愛らしい表情がたまらない♡「Soul Art Shop」のグッズたち♡【中環】

 

 

結局、ブログに書けず仕舞いになってしまった

お店も多々あるので、かなり自己満だけど、

思い出に紹介させてください。

 

 

ちなみに、香港では、

お店が閉じてしまうことを、

 

「結業(ギッイップ)」

 

と表現します。

 

 

 

中國冰室(China Cafe)【旺角】

 

わたしが生まれる20年も前の1964年から、

旺角(Mong Kok)で営まれてきた、

 

「中國冰室(China Cafe)」。

 

 

 

 

水原 希子さんが表紙を飾った

「フィガロジャポン」の香港特集で、

日本人にとってもお馴染みとなったのでは♡

 

 

 

少し前から香港レトロブームではあるけれど、

 

古いっぽいのではなく、

本当に古い(と言うと語弊があるか!?)、

 

ちゃんと時間を経ることによってしか

出すことのできない味わいみたいなものを感じる。

 

 

 

 

こんなタイルの表情、

今日明日ですぐ出せるものじゃない。

 

お客様の撮影でも使わせてもらったり、

個人的にも、ものすごく思い入れのある場所。

 

 

 

 

お食事は、特別美味しいってわけじゃないんだけど、笑、

思い出が美化されているからか、

そんなのかき消されてしまうくらいだ。

 

 

 

 

この光景が、一番有名かと!!!

 

 

水原 希子さんが、撮影されたのと同じアングル。

 

モデルはお店のおじちゃまだけどね、

これはこれで、とっても味がありますでしょ♡

 

席が2フロアに渡ってあったので、

こんな撮影もできました。

 

 

もうこの目に焼きつけることはできないと思うと、

とても大切なものを失ってしまった気がします。

 

 

香港映画の舞台としても使われてきたようなので、

これからは映画の中で楽しもうと思います。

 

 

 

おつかれさまでした、

そして、ありがとうございました!!!

 

 

 

中國冰室(China Cafe)

住所:G/F., 1077A Canton Rd., Mong Kok
電話:(852)2392-7825
ウェブ:なし
地図:https://goo.gl/maps/oQwB5iARrwhz7NjdA
最寄駅:MTR旺角駅


* 「Open Rice」という、飲食店の情報を集めたウェブサイトです。
こちらから予約ができる場合もありますので、ぜひ覗いてみてください。

* 「地図」には、Googleマップのリンクを貼っております。
気に入ったもの、気になるものがございましたら、
ぜひ場所を保存などして、観光ルートを考える際にお役立てください。
* 投稿時の情報のため、変更になっている場合もございます。

 

 

 

彌敦粥麵家(Nathan Congee and Noodle)【佐敦】

 

もう1つは、オフィスの近くにあって、

 

出勤の日のランチタイムなんかに、

ものすごくお世話になったお店、

 

「彌敦粥麵家

(Nathan Congee and Noodle)」。

 

 

 

 

だから、この貼紙を見たときは、

胸が詰まってしまった…

 

 

 

 

要は、

 

「経営不振で、営業を停止しなくてはならない。

 近い将来再開できることを願っている。」

 

ということ。

 

 

今、こういう個人経営のお店は、

窮地に立たされているところが多い。

個人経営でなくても、同じくかもしれない。

 

 

観光客は減っているし、

近くでデモが始まれば、お店を閉めないといけないし、

 

しかも、民主派か、親中派かどうかで、

お店を色分けするマップまで登場していて、

 

もし親中派に指定されてしまったものなら、

すぐさま閑古鳥が鳴き始める。

そのマップによると、民主派は黄色、親中派は青色。
基本、民主派であるデモ参加者は、青色のお店に行かない。
ひどいときには、店舗破壊や落書きの対象になることも…

 

 

飲食店の皆さんのことを思うと、本当に胸が苦しい…

 

 

 

 

「彌敦粥麵家」の「魚片粥」

(お魚のお粥)が大好きだったんです。

 

 

日本のお粥のイメージとは違って、

香港のお粥には、しっかり味がついていて、

 

しかも、こちらの「魚片粥」は、

臭みがなくて、滑らかで、本当に美味しかった♡

 

 

 

 

必ず一緒に「炸麵」を注文して、

お粥を少し染み込ませて食べるのが最高だったな。

「炸麵」とは、揚げパンみたいなやーつです

 

食い意地張り過ぎて、よく火傷してたけど、笑。

 

 

 

 

昔に比べたら、確実に右肩上がりなお値段だけど、

とはいえ、まだまだローカル価格で、

お財布に優しい価格帯だったのも嬉しかった。

 

 

食の仕事をしている友人が、「こうして食材を公開しておけるのは、
ちゃんと自信があるからだ」って話しておりました。
確かに、ものすごーーーく丁寧に下処理をしているのが感じとれた。

 

 

「彌敦粥麵家」も、

先の「中國冰室」と同じくらい歴史のある老舗。

 

 

再開を望んでいるのは、

お店の皆さんだけじゃない!!!

 

わたしはもちろん、多くの方々が、

強く強く望んでいることだと思う!!!

 

 

 

彌敦粥麵家(Nathan Congee and Noodle)

住所:11 Sai Kung St., Jordan
電話:(852)2771-4285
ウェブ:なし
地図:https://goo.gl/maps/JLe1BFGs7faMWYqw8
最寄駅:MTR佐敦駅


* 「Open Rice」という、飲食店の情報を集めたウェブサイトです。
こちらから予約ができる場合もありますので、ぜひ覗いてみてください。

* 「地図」には、Googleマップのリンクを貼っております。
気に入ったもの、気になるものがございましたら、
ぜひ場所を保存などして、観光ルートを考える際にお役立てください。
* 投稿時の情報のため、変更になっている場合もございます。

 

 

 

まとめ

 

まとめというか何というか…

 

 

李嘉誠の財団「李嘉誠基金」が、中小の飲食店に対して、

総額2億香港ドル(約27億9,000万円)を寄付するなど、

様々な救済措置もとられ始めていますが、

 

そういったものが必要なくなるくらい、

普段の生活が元気を取り戻していくといいなと願う。

李嘉誠(リカシン)氏は、香港の資産家。

 

 

 

兎にも角にも、わたしにできるのは、

美味しいお店や、魅力的なお店に

たくさん足を運び、積極的に紹介していくこと♡

 

 

 

もしお役に立てたら、
ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村