四川料理の後は、てくてく歩いてバーへ。

 

【グルメ】【四川】味も雰囲気も最高!!!お気に入りの四川料理店になりました、湾仔の「Sichuan Lab」【湾仔】

 

 

Sichuan Lab(川流)」からは徒歩10分ほど、

 

MTR湾仔(Wan Chai)駅と、

銅鑼湾(Causeway Bay)駅のちょうど真ん中にある、

 

 

「Mizunara: The Library」さん!!!

 

 

こんなところに、

日本人経営の素敵なバーがあるなんて♡

 

まだまだ知らないことだらけだな〜。

 

 

 

 

もちろん1杯目は、

フレッシュフルーツのカクテルをオーダー。

 

 

このときの旬は、桃!!!

 

ということで、桃のカクテルを戴きました。

時間差投稿がバレる、笑。
はい、8月のお話です〜。

 

 

 

 

桃を使ったカクテルといっても、

それぞれの好みのテイストに仕上げてくれる。

わたしは濃厚め、友人はサッパリめ。

 

それが、まるで魔法のように思えて仕方ない。

 

わたしが、バーを好きな理由の1つです♡

 

 

 

 

もう1杯ずつ戴いて、帰路につきました。

 

 

友人がオーダーしたマティーニがものすごく綺麗で、

カクテルって芸術だなって改めて思った。

確か、マティーニだったかと。

 

わたしは、大好きなチョコレートカクテル・

アレキサンダーをお願いしました。

 

 

日本人が作るかどうかって、

わたしにとっては、とても重要な要素で、

ジャパニーズスタイルのカクテルが口に合う。

厳密には、日本人でなくてもいいのだけど、ジャパニーズスタイルってあるよね。
個性的かどうかよりも、調和を重んじているような、そんなイメージ(あくまで)。

 

 

白いバーコートをサラリと着こなし、

ザ・バーテンダーという風格の、

「Mizunara: The Library」オーナーの遠藤さん。

 

その手から生み出されるカクテルは、

本当に繊細で美味しくって、

このエリアで食事をしたのなら、

必ず〆に立ち寄りたいバーになりました。

 

 

 

 

バーにしては、広々としていて、

テーブル席もたくさんあります。

 

 

バーテンダーさんにいろいろ尋ねながら

オーダーするのが好きなので、

カウンター席の方が好みだけれど、

 

こうしてテーブル席もあると、

3名以上でも楽しめそうでいいね♡

 

 

普段はシンデレラウーマンなのに、笑、

とっても居心地がよくて、

ついつい終電を逃してしまったのでした〜。

 

 

「Mizunara: The Library」というのが、

このバーの名前なのだと思うのだけど、

 

いろいろ調べているうちに、

 

「Mizunara: The Shop」

 

というものもヒットした。

 

 

ウィスキーの販売をこちらで行なっているのかな?

 

そもそも、どうして「Mizunara」なんだろう?

あの植物の「ミズナラ」のことなのかしら?

 

「The Library」の意味は?

 

 

この日は、そこまで突っ込んだお話ができなかったので、

またゆっくりお伺いしたいと思います。

 

 

 

もしお役に立てたら、
ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

Mizunara: The Library

住所:4/F., Kiu Yin Bldg., 361-363 Lockhart Rd., Wan Chai
電話:(852)3571-9797
ウェブ:https://www.mizunarathelibrary.com/
地図:https://g.page/Mizunara?share
最寄駅:MTR湾仔駅、銅鑼湾駅


* 「Open Rice」という、飲食店の情報を集めたウェブサイトです。
こちらから予約ができる場合もありますので、ぜひ覗いてみてください。

* 「地図」には、Googleマップのリンクを貼っております。
気に入ったもの、気になるものがございましたら、
ぜひ場所を保存などして、観光ルートを考える際にお役立てください。
* 投稿時の情報のため、変更になっている場合もございます。